テイラー・スウィフトをめぐるAI生成画像の問題

Govind Dheda

最近、テイラー・スウィフトとAIに関する重大な問題が発生しました。AIによっておそらく生成されたテイラー・スウィフトの露骨な画像が、SNS上で急速に広まっています。これらの画像はディープフェイクと呼ばれ、本人が実際には行っていないことを言ったりしたりするものです。こうした画像は、10万件以上のアプリや公開されているモデルを通じてアクセス可能な、AI駆動の技術である拡散モデルを使用して作成されました。

テイラー・スウィフトの露骨な画像はSNS上で広く共有され、「テイラー・スウィフトAI」という言葉がトレンド入りしました。これらの画像は、Telegramのグループ内で発生した可能性があり、そこではユーザーがMicrosoft Designerを使って作成した女性のAI生成画像を共有していました。これらの画像を削除しようとしたにも関わらず、まだ残っているものがあります。

この事件を受け、テイラー・スウィフトのファンである「スウィフティー」は彼女を守るためのキャンペーンを始めました。ディープフェイク画像を共有しているアカウントを報告し、関連キーワードと「テイラー・スウィフトを守れ」というフレーズを使って通常の画像を投稿し、露骨な画像を抑え込もうとしました。

この事件は、AI技術の悪用の可能性に対する懸念を引き起こしました。ホワイトハウスはこの状況に警鐘を鳴らし、AI技術の悪意ある使用を規制する必要性を強調しました。テイラー・スウィフトは、露骨なAI画像に関する法的措置を検討していると報じられています。

- Advertisement -

一方、AIはテイラー・スウィフト関連のコンテンツを作成するためにも使われています。例えば、Voicify AIはテイラー・スウィフトの声をAIで生成できるサービスを提供しています。TwitterのAIアートボットは、テイラー・スウィフトの歌詞にインスピレーションを得たアートを作成しています。しかし、これらのAIの使用は合意の上でエンターテインメント目的で使われているのに対し、露骨な画像の生成や配布は合意なく行われています。

Share This Article
Leave a comment